導入事例

省力化・省人化

半自動充填キャッパー

半自動充填キャッパーにより省力化・省人化した事例をご紹介します。

導入前のお悩み

ボトルに充填しキャッピングを手作業にて行っていました。2〜3本/分と生産能力が低く、人手のためキャップの締め具合にもバラツキがありました。

導入後の変化

8〜10本/分と充填スピードが上がり、導入前の約4〜5倍にまで生産能力が上がりました。また、キャップの締め具合も均一になり、充填量も安定しました。

製品紹介

製品サンプル

キャッパー

キャッパーにより省力化・省人化した事例をご紹介します。

導入前のお悩み

手動でキャッピングしていたため、「手が疲れる」「腱鞘炎になる」など従業員の負担が大きかった上に、人手によるためキャップの締め付け具合のバラつきがでていました。

導入内容

充填機と計量器機の間にインラインキャッパーを導入。これで充填機からキャッピング、計量、印字までを無人化ラインにできました。

導入後の変化

従業員のストレスも解消。締め付け具合も均一に仕上がるようになり、社内・社外ともにクレームが減りました。

製品紹介

包装に関することで分からないことがあればお気軽にお問い合わせください。明るいスタッフが親切丁寧にご説明させて頂きます。電話でのお問い合わせは052-911-3771。メールでのお問い合わせはこちら。

このページの先頭へ